コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の遊び・玩具史(年表)(読み)にほんのあそびがんぐしねんぴょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本の遊び・玩具史(年表)
にほんのあそびがんぐしねんぴょう

明治


1868(明治元)トランプ輸入。鼓笛隊ごっこ(遊び)。西洋花火
1869(明治2)写し絵遊び。東京で銅鉄独楽(どうがねごま)ブーム(玩具)
1870(明治3)関西で海螺独楽(べいごまの元祖)流行。小中学校開校。子どもの売買禁止(人身売買)
1871(明治4)「文明滑稽寿語録」(双六)。人力車の木製おもちゃ
1872(明治5)輸入ブリキ製玩具。空き缶再利用のがらがら
1873(明治6)おもちゃの西洋玩具の流行。「文明開化双六」。この年、内務省が教育的玩具の奨励。五節供廃止令。就学率男児39.9%、女児15.14%
1874(明治7)ドッコイドッコイ(当て物遊び)が流行
1876(明治9)ねっき遊び、楊弓流行。輸入ゴム風船。積み木。学校、日曜全休、土曜半休
1877(明治10)文部省『童女筌』(遊びの案内書)。真鍮製らっぱのおもちゃ。国産ブリキの玩具が増える
1879(明治12)神楽遊びの流行で神楽の面に人気
1880(明治13)鉛のめんこが流行
1881(明治14)このころ駄菓子屋で玩具を扱いはじめる。小学生の路上での遊びが取り締まり対象に
1882(明治15)角力起き上がり玩具が人気(相撲人形・起きあがり小法師)。ぜんまい仕掛けのブリキ玩具登場
1883(明治16)浅草でお手玉発売。はずみ車応用玩具(フリクション玩具)
1885(明治18)西洋骨牌(国産初のトランプ発売)
1886(明治19)京都で「こっくり様」(占い)流行。ぜんまい式舞踊玩具
1887(明治20)花合、トランプの流行。『西洋遊戯かるた使用法』。ポコペン(ガラス玩具)人気。おもちゃの村田銃
1888(明治21)「時局双六」。手車(ヨーヨーの元祖。木製箱根細工)が流行
1889(明治22)サーベル玩具、紙鉄砲が人気。任天堂のかるた、花札
1890(明治23)かるた、双六、羽子板が人気。ポンポン独楽。教育勅語発布
1891(明治24)板返し遊びが流行。カレイドスコープ(万華鏡)。紙製パラシュート。ぜんまい仕掛けの玩具が人気
1892(明治25)国内外の郵券(郵便切手)収集ブーム。雛祭が復活
1893(明治26)花合が流行。唐人笛。おもいざし人形。子供用小型幻灯機
1894(明治27)日清戦争の影響で、戦争ごっこ、戦争玩具がブーム。紙めんこにも戦争画。子供用軍服も売れる
1895(明治28)戦争ブーム続く。おもちゃの徽章、連発銃、サーベル、軍隊用太鼓など
1896(明治29)立てばんこ(起こし絵)流行。催眠術遊び
1897(明治30)このころから「おもちゃ」の語が一般化する(玩具)。『金色夜叉』ブームでおもちゃの指輪人気。ビー玉(ラムネ玉)遊び
1898(明治31)このころから金属玩具に石版ブリキ印刷法が応用される
1899(明治32)あねさんごっこの流行で姉様人形が人気。セルロイド玩具登場。ガラスのおはじき。小中学校の喫煙禁止
1900(明治33)有毒塗料が問題になり、おもちゃへの鉛の使用禁止。鬼定め流行。未成年者喫煙禁止法
1901(明治34)鉄製の輪回し遊び人気
1902(明治35)ガラス製おはじき人気上がる。金属製泳ぐ金魚。児童就学率90%突破。通学率は68.4%
1903(明治36)鋳物製ピストル
1904(明治37)紙めんこ大流行。日露戦争の影響で再び戦争ブーム。戦争ごっこ、軍艦旗、おもちゃの双眼鏡、空気鉄砲(空気銃)など
1905(明治38)北沢楽天の漫画人気で、かるた、人形などのキャラクター商品流行。ブリキ製鳴りこま、軍人(行軍)将棋が人気。勲章玩具
1906(明治39)お手玉唄「いちれつ談判破裂して……」広まる。アンチモニー製(アンチモン合金)汽車玩具登場
1907(明治40)カネバイ(鋳物製べいごま)。日月ボール(剣玉)
1908(明治41)卓上ベースボール(元祖野球盤)登場。マッチ・ペーパー(ラベル)収集流行。国産模型飛行機
1909(明治42)盤ものゲーム人気。磁石を使った玩具マグネ。風車ガラ、首振りガラ
1910(明治43)鋳物べいごまが流行。日光写真。博多人形ブーム
1911(明治44)ビリケン人形(アメリカ製、幸運を招くとされた)

大正


1912(大正元)フランス映画「ジゴマ」の影響で「ジゴマ」ごっこ。キューピー人形登場
1913(大正2)このころ、紙めんこの黄金時代。ローラースケートがブームに
1914(大正3)紙人形芝居「立絵」(のちの紙芝居)このころ始まる
1915(大正4)発火コルク銃。スチームボート(アルコール燃料の蒸気動力おもちゃ)。児童の就学率100%に
1916(大正5)雛人形が一般家庭に広まり始まる
1917(大正6)セルロイド製キューピー人形登場
1918(大正7)忍術ごっこが流行。コリント・ゲーム
1919(大正8)模型飛行機人気。
1921(大正10)乗り物おもちゃの電池式汽車・電車登場
1922(大正11)「おまけ付グリコ」、人気に。未成年者飲酒禁止法公布
1923(大正12)漫画の主人公、「正チャン」、「団子串助」人気でかるたなどキャラクター商品。震災ごっこ(関東大震災)
1924(大正13)チャンバラ映画ブームでチャンバラごっこ流行
1925(大正14)ドナルド・ダックの玩具登場

昭和


1926(昭和元)漫画『ノンキナトウサン』のキャラクター商品ブーム。おもちゃのピアノ。器械体操玩具ぶらんこ(ぜんまい仕掛けの人形が体操をする)。アウト鬼、水雷隊長遊び
1927(昭和2)ダイヤモンドゲーム登場。北原白秋、西条八十、竹久夢二ら日本橋三越で創作玩具展。この年、セルロイド玩具の生産量世界1位に。「青い目のお人形」アメリカより贈られる
1928(昭和3)チャンバラごっこブーム。チョンマゲかつら、メッキの刀など
1929(昭和4)おもちゃの流行笛、「浦島サイレン」。ぜんまい仕掛けの「デングリ」(ネズミやピエロが逆立ちして回転する)。「玉ころがし」(ラセン階段を玉が上下)。「モンキーのジャンガ打ち」(サルがシンバルを打つ)
1930(昭和5)ユンカース軽飛行機の太平洋横断計画発表で、模型飛行機作り流行。剣玉流行。卓上リンコン(天皇の乗用車リンカーンのミニチュア)。紙芝居『黄金バット』
1931(昭和6)満州事変勃発でおもちゃの鉄かぶと、発火装置付きの戦争玩具流行。広告玩具「中将湯」の野球玩具、「龍角散」の兵隊さんなど。大飛行艇ドックス号模型(『少年倶楽部』付録)。東北地方で娘の身売り増える
1932(昭和7)「肉弾三勇士」ごっこ。ゴム縄とび流行。金属製宙返り飛行機。白木屋火災でセルロイド玩具の引火性が問題になる。恐慌で欠食児童増加
1933(昭和8)ヨーヨー流行。バタバタ機(羽ばたきする模型飛行機)。田河水泡の漫画『のらくろ』人気で、お面、3か月で500万個の記録
1934(昭和9)街頭紙芝居人気。 ベーブ・ルース来日。プロ野球球団結成
1935(昭和10)ブロマイド写真入り紙めんこ。おもちゃの指輪。テンプル人形。1銭玩具ブームで、ベビー千代紙、ミッキー・マウス、ベティ・ブープシール、戦争シール
1936(昭和11)キューピー人形ブーム
1937(昭和12)戦争おもちゃ(迷彩色の戦車、鉄砲など)人気。ぜんまい仕掛けの鳥のおもちゃ
1938(昭和13)ドンテッテ(めんこに似た遊び)、ジャンケリ遊び(お手玉を足で蹴る)流行。投下弾。はしご付き消防自動車(ハンドルを回すとはしごが上がる)。このころ、模型飛行機作りを通して航空思想の普及を図ることを理由に、官民一体の学校工作運動。内地向け金属玩具製造禁止
1939(昭和14)慰問袋用人形が人気。木製の代用玩具登場。双葉山69連勝(双葉山定次)
1940(昭和15)愛国玩具かるた。玩具業界不況
1941(昭和16)模型飛行機作り、国民学校施行令で正課に。教材だけで1000万機。防空壕ごっこ遊び。国民学校令公布
1942(昭和17)アルミニウム、アルマイト製玩具の製造禁止。玩具材料は木、竹、紙、布、土などに制限。軍の要請で実物縮尺のソリッドモデル「実体模型」。「愛国百人一首」
1943(昭和18)模型ブーム、満州、朝鮮、台湾に広がる。「愛国イロハガルタ」、「防諜カルタ」など。鉄不足で金属玩具の型、回収始まる
1944(昭和19)お手玉の小豆、食用に。タイル遊び(建物の強制疎開で取り壊し現場から出たものなどを拾って)。ごちそうごっこ(色紙を切って)。学童集団疎開(学童疎開)
1945(昭和20)ブリキ製ジープ人気。押し絵羽子板復活(砲弾箱の杉板、パラシュート地)。ぬり絵、福笑い。「英語かるた」
1946(昭和21)学校を集団で休む、ストごっこ。泥棒ごっこ、闇市遊び流行
1947(昭和22)銀行ごっこ。野球遊び。第二次世界大戦後初の全日本おもちゃ展(東京日本橋、白木屋)。6・3・3・4制。男女共学
1948(昭和23)東京都内のパチンコ(ガチャンコ)店、入場者の7割が子供。シャボン玉風船「パップルス」。フリクション自動車(車輪を床につけて回す。日本の考案)人気。鉄製べいごま製造再開
1949(昭和24)ゴム玩具が10年ぶりに販売許可。輪出不適格品で放出。ビーチボール、浮輪、ゴム人形など。紙芝居最盛期。ビンゴゲーム人気
1950(昭和25)国産プラスチック製おもちゃ登場。電気機関車、自動車、ままごと道具など。変わり雛復活
1951(昭和26)プラスチック製ままごと遊びの「茶器セット」人気。15歳未満のパチンコ禁止。子ども雑誌の付録競争。このころ日本製のB-29爆撃機モデルがアメリカで人気。「サザエさんかるた」(長谷川町子)
1952(昭和27)初の電池で走る玩具「セダン型自動車」。クラッカーボール(5色玉)、玩具用煙火として許可
1953(昭和28)プラスチック製トランプ
1954(昭和29)塩化ビニル製の「ミルク飲み人形」、ベビー服、下着などセットで販売。力道山・木村政彦対シャープ兄弟
1955(昭和30)東京日本橋、高島屋屋上にプレイランド。観覧車、コーヒーカップなど。ラジコン自動車登場(ラジオコントロール)。プラモデルブーム(プラスチックモデル)。セルロイドのキューピーなど可燃性のため、製造禁止
1956(昭和31)スマートボール人気。貸本漫画
1957(昭和32)『赤胴鈴之助』人気で「赤ざやの刀」流行。バドミントン
1958(昭和33)「フラフープ」大流行。「ロケット遊び」(鉛筆などのキャップに火薬をつめて飛ばす)流行、事故多発。エポック社「野球盤」登場。『月光仮面』『まぼろし探偵』『白馬童子』の面など(仮面)
1959(昭和34)「ディズニー・トランプ」人気。日本模型の自動浮沈式プラモデル「伊号潜水艦」人気。洗髪できるビニル人形(毛髪がナイロン製に)
1960(昭和35)タカラ「ダッコちゃん」大ブーム。キャラクター模型第一号「鉄人28号」。イギリス製ミニチュアカー初輸入
1961(昭和36)『ララミー牧場』『ローハイド』ヒットでモデルガンのブーム。この年おもちゃの輸出、世界第1位に
1962(昭和37)第1次プラスチックモデルブーム。零戦、戦艦大和、鉄人28号など。盤ゲーム「バンカース」。スカーレット人形
1963(昭和38)ダイヤブロック、レゴなどプラスチック積み木、人気出る。この年、手塚治虫の『鉄腕アトム』放映始まりテレビアニメ元年といわれる(アニメーション映画)
1964(昭和39)『オバケのQ太郎』『鉄腕アトム』『鉄人28号』などのキャラクター商品続々登場。切手ブーム
1965(昭和40)モデルカー・ブーム。5000円を超える機種もでて過熱。全日本モデルカー・レーシング協会発足。教育玩具「九九算マスター器」人気
1966(昭和41)『ウルトラQ』『ウルトラマン』ヒットで怪獣ブーム。キャラクター商品多数。「サンダーバード2号」発売
1967(昭和42)タカラ「リカちゃん」人形発売。一躍着せ替え人形トップに。縫いぐるみ「ケロヨン」人気。「サンダーバード」シリーズ人気。魚雷戦ゲーム。団地雛
1968(昭和43)漫画『ハレンチ学園』ヒットでスカートめくり流行し、問題化。「人生ゲーム」。カブトムシブーム
1969(昭和44)「ママ・レンジ」発売。レンジ、フライパンなどセット。「ワールドゲーム」。家庭用ルーレット。この年、シンナー遊びがはやる
1970(昭和45)フリスビーがブーム。「ツイスターゲーム」人気に。女の子の間で「お化粧ごっこ」。キャラクター商品「タイガーマスク」人気
1971(昭和46)「アメリカン・クラッカー」大流行。ゲーム玩具「ひみつのアッコちゃん」。室内用ボーリング・ゲーム多数登場。野球盤に消える魔球。厚生省、玩具に衛生基準。「玩具安全マーク」。パンダの縫いぐるみ、ブローチなど
1972(昭和47)「お風呂人形」ヒット。バンダイ「ホーム・ダービー」。札幌オリンピック
1973(昭和48)「スヌーピー」商品全盛。オセロゲーム
1974(昭和49)ビニル製洋凧、スポーツカイト、ブーム。「催眠術遊び」「こっくりさん」はやる。「超合金」おもちゃ、「マジンガーZ」登場。ジグソー・パズル人気
1975(昭和50)初のテレビゲーム、エポック社「テレビ・テニス」。業務用テレビ・ゲーム「ブロック崩し」。レンジ、ポット、毛糸編み機など女の子のおもちゃ、流行
1976(昭和51)電動ラジコンカー(ラジオコントロール)。プラモデル人気、一時盛り返す
1977(昭和52)スーパーカー・ブーム。ファンシー商品ブーム。ピンクレディー、『キャンディ・キャンディ』などのキャラクター商品
1978(昭和53)ラジコン・カーのブーム。「スペース・インベーダー・ゲーム」登場。もぐらたたき
1979(昭和54)『ドラえもん』キャラクター商品大ヒット。『機動戦士ガンダム』プラモデル。業務用テレビ・ゲーム「ギャラクシアン」「平安京エイリアン」
1980(昭和55)「ルービック・キューブ」大ブーム。任天堂「ゲーム&ウォッチ」(初のLSI使用)(集積回路・コンピュータ・ゲーム)
1981(昭和56)『ドラえもん』商品、空前のヒット
1982(昭和57)『機動戦士ガンダム』プラモデル全盛
1983(昭和58)任天堂「ファミリーコンピュータ」発売(コンピュータ・ゲーム)。東京ディズニーランド
1984(昭和59)「ファミコン」裏ワザ話題に。「キン肉マン消しゴム」大ヒット、60億円の売上と言われる。レトロ・おもちゃブーム。ブリキの金魚、グリコのバッジ、ビー玉など
1985(昭和60)ゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」発売
1986(昭和61)ゲームソフト「ドラゴンクエスト」「プロ野球ファミリースタジアム」発売。田宮模型「ミニ四輪駆動車」(ミニ四駆)発売
1987(昭和62)ゲームソフト「ファイナルファンタジー」発売。任天堂ファミコン1000万台突破。ホラーおもちゃ「ゾンビーズ」大ヒット。音センサーで踊る「のらくろロック」人気。パソコン・ゲームソフト「信長の野望」、以後人気シリーズに
1988(昭和63)「ドラゴンクエスト」発売。ドラクエ・フィーバー

平成


1989(平成元)携帯ゲーム機「ゲームボーイ」登場
1990(平成2)任天堂「スーパーファミコン」登場。ゲームセミナーの開催。『ちびまる子ちゃん』キャラクター商品ヒット
1991(平成3)キャラクター商品市場1兆円突破。トイザらス日本進出。初の子ども向け電子手帳、タカラの「NORN(ノルン)」大ヒット。縄跳び「ダブル・ダッチ」
1992(平成4)業務用ゲーム、ゲームソフト共「ストリートファイター」人気。クレーン・ゲーム「UFOキャッチャー」人気で景品縫いぐるみブーム
1993(平成5)ゲーム市場1兆6374億円でキャラクター商品市場と肩を並べる。セガ「バーチャファイター」登場。Jリーグ・グッズ人気(日本プロサッカーリーグ)
1994(平成6)ゲーム機「セガサターン」「ソニー・プレイステーション」登場。任天堂と三つどもえ戦。全国各地で続々と大型ゲームセンター
1996(平成8)「NINTENDO(ニンテンドウ)64」発売。プリント倶楽部(プリクラ)ブーム。「ドラクエバトルえんぴつ」。ハムスター飼育人気
1997(平成9)「たまごっち」大ブーム。「ポケモン」キャラクター、「手のひらピカチュウ」。ハイパーヨーヨー。キティ・グッズ復活人気。釣りブーム
1998(平成10)ゲーム機「ドリームキャスト」発売、ゲームソフト「電車でGO!」、ダンスシミュレーションゲームが人気となる
1999(平成11)電子ペット「ファービー」やペット型のロボット「AIBO(アイボ)」が登場。「たれぱんだ」、トレーディング・カードゲームが人気。「動物占い」が流行する
2000(平成12)DVD機能付きゲーム機「プレイステーション 2」発売。携帯型ゲーム機の人気が定着、「ゲームボーイ」が世界累計1億台を記録。超大型ジェットコースターなどの「絶叫マシン」が人気
2001(平成13)大型テーマパークの「東京ディズニーシー」「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」がオープン。現代版べいごま「ベイブレード」、「チョコエッグ」など菓子につくおまけの「食玩」が人気。人気ゲームソフト「ピクミン」「機動戦士ガンダム」など
2002(平成14)イヌの鳴き声を翻訳する「バウリンガル」登場。野球のバットや太鼓など実物と同じものを動かして遊ぶ「体感アクションゲーム」が人気
2004(平成16)アーケードゲーム「甲虫王者ムシキング」人気。携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」「プレイステーション・ポータブル(PSP)」発売
2006(平成18)ブルーレイディスク(BD)を搭載した「プレイステーション 3」発売。スタンバイモードでのインターネット接続などの特徴をもつ据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」発売

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android