コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の電力自由化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の電力自由化

海外に比べて割高な電気料金が産業の競争力を弱めているとして、1990年代から議論が始まった。95年、「不磨大典」ともいわれた電気事業法が改正され、電力の卸供給に新規参入が認められた。00年には、契約電力2千キロワット以上の大規模工場や大型ビル、病院などに対する電力小売りが自由化。05年までに同50キロワット以上の中規模工場やスーパーも対象に加わり、全電力需要の6割が自由化された。10年8月時点で新規参入の電気事業者は39社、自由化分野の販売電力量に占める割合は3%ほどにとどまる。電力会社間の競争は、九州電力が中国電力管内のスーパー(広島市)に供給している1件のみ。

(2012-01-29 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android