コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の鵜飼い

1件 の用語解説(日本の鵜飼いの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の鵜飼い

現在、日本では山梨県から大分県まで12カ所で鵜飼いが開かれている。特に岐阜市と関市の長良川の鵜飼い、愛知県犬山市木曽川鵜飼いが有名だ。12カ所のうち、鵜匠が自分で捕獲する和歌山県有田市を除く11カ所にウミウを供給しているのが茨城県日立市だ。ウミウは昔、各地で捕獲されていた。知多地域での記録も残る。しかし、戦後、許可制になってから捕る人も少なくなり、日立だけが残ったという。

(2008-06-21 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の鵜飼いの関連キーワード大分県山梨県三峡豊前九州・沖縄作曲家協会岩久ツナ宇都宮徠辛島祥平山本コト渡辺信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本の鵜飼いの関連情報