コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本アンチ・ドーピング機構 にほんあんちどーぴんぐきこうJapan Anti‐Doping Agency

知恵蔵の解説

日本アンチ・ドーピング機構

日本国内のドーピング検査やドーピングに関する啓発活動を行う、中立的な国内調整機関。日本オリンピック委員会、日本体育協会、日本プロスポーツ協会を中心として、2001年に創立。世界アンチ・ドーピング機構(WADA)は、1999年のスポーツにおけるドーピングに関する世界会議(IOC主催)において採択された、ローザンヌ宣言に基づいて設立。WADAは国際的なドーピング検査基準やドーピング違反の制裁手続きの統一化、アンチ・ドーピング活動に関する教育・啓発活動等を目的としている。JADAはこうした流れを受け、競技者の人権及び健康に配慮しながら、ドーピング検査や教育・啓発活動、情報管理・提供、調査・研究等を行い、国内のアンチ・ドーピング活動の推進を目的としている。日本体育協会は03年の静岡国体から、ドーピング検査を実施。国際的には、04年12月のユネスコの体育・スポーツ大臣会議で「スポーツにおけるアンチ・ドーピング国際条約」草案が承認され、05年10月に、ユネスコ総会でアンチ・ドーピングに関する条約が採択され、国内法の整備が求められている。初代会長は黒田善雄東京大学名誉教授。

(高橋義雄 名古屋大学総合保健体育科学センター講師 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本アンチ・ドーピング機構の関連キーワード世界アンチ・ドーピング機関世界アンチドーピング機構ドーピング(スポーツ)世界反ドーピング機関反ドーピングカンレノン

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本アンチ・ドーピング機構の関連情報