コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本エヌ・シー・アール にほんエヌ・シー・アール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本エヌ・シー・アール
にほんエヌ・シー・アール

日本 NCR。コンピュータ,事務機器メーカー。レジスターではトップを占める。 1920年日本金銭登録機として設立,33年アメリカのナショナル・キャッシュ・レジスター (現NCR ) がナショナル金銭登録機を設立し,日本金銭登録機に生産・販売を担当させた。両社は 35年に合併しナショナル金銭登録機販売と改称。 45年再度同社名で発足,翌年日本ナショナル金銭登録機と改称,48年以降スーパーマーケットの普及に応じて業務が急速に拡大。 51年アメリカ NCRと再提携し,57年には製品国産化を開始,67年新型電子会計機を発売,69年会計機の国産化を開始,71年電子レジスターの販売を開始,73年日本エヌ・シー・アールに社名変更。 94年アメリカの AT&Tの傘下に入り日本エイ・ティ・アンド・ティ情報システムと社名を変更したが親会社の分社化に伴い 96年4月旧称の日本エヌ・シー・アールに復した。売上構成比は,電子計算機 62%,その他情報機器2%,技術サービスなど 36%。年間売上高 908億 8300万円 (うち輸出2%) ,資本金 110億円 (1998) ,従業員数 2440名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本エヌ・シー・アールの関連キーワード順列・組合せNCR組合せ論組合せ日本エヌ・シー・アール[株]組み合わせ階乗ワトソンNCRAT&T

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android