コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本デジタル研究所 にほんデジタルけんきゅうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本デジタル研究所
にほんデジタルけんきゅうじょ

電機メーカー。 1968年設立。財務専用と経理専用のオフィスコンピュータで売上げの7割近くに達し,業界トップ。さらに経理専用プロセッサに力を入れるほか,高価格ワープロ,光学式文字読取り装置,会計事務所用専用ワープロなど DTPシステムや光ファイリングシステムでの独自開発製品も多い。売上構成比は,財務・経理関連機器 70%,プロッタ2%,商品9%,保守 19%。年間売上高 229億 800万円 (連結。うち輸出2%) ,資本金 90億 7800万円,従業員数 1111名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本デジタル研究所

正式社名「株式会社日本デジタル研究所」。英文社名「Japan Digital Laboratory Co., Ltd.」。電気機器製造業。昭和43年(1968)設立。本社は東京都江東区新砂。財務・経理関連機器メーカー。コンピューターの設計・製造やソフトウェアの開発を手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード6935。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

日本デジタル研究所の関連キーワード新藤兼人シーゲル[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門秋山清高松次郎トリュフォー深作欣二プロヴォークベルイマン(Ingmar Bergman)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本デジタル研究所の関連情報