日本丸(読み)にっぽんまる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本丸(帆船練習船)
にっぽんまる

航海訓練所に所属する帆船練習船。全国の商船大学や商船高等専門学校の学生の海上実習を行っている。なお、航海訓練所は、独立行政法人航海訓練所法(1999年12月22日公布、2001年1月6日施行法律213号)により、独立行政法人化された。それ以前は、長らく運輸省に属し、2001年(平成13)1月の省庁再編時には国土交通省の管轄とされ、以降も主務省は国土交通省となる。[茂在寅男]

初代日本丸

1928年(昭和3)文部省が商船学校の練習船として、姉妹船海王丸とともに大型帆船2隻の建造を計画。1930年文部省航海練習所が設置され、同年日本丸と海王丸は竣工(しゅんこう)し同所の所管となり練習船としてスタートをきった。1943年同所は航海訓練所と改名、逓信(ていしん)省を経て、45年から運輸省航海訓練所所管となる。初代日本丸は、神戸川崎造船所で建造、1930年1月27日進水。2284総トン、長さ97.05メートル、幅12.95メートル、満載喫水6.41メートル、ディーゼル機関2基、出力600馬力×2、4檣(しょう)(4本マスト)バーク型帆船、鋼製。海王丸とともに日本の帆船練習船として活躍、初代日本丸は、1984年に引退するまで54年間の長きにわたり、地球を45.5周、約183万キロメートルを航海し、1万5000人にのぼる海の若人(わこうど)を送り出した。第二次世界大戦下・戦後には、海王丸とともに物資輸送、引揚者の帰還輸送、遺骨収集、記念行事などを行い、1952年から再び練習船として就航。その帆装の美しさから「太平洋の白鳥」と愛称され、国民に広く親しまれた。1984年、新造の2代目日本丸の竣工と同時に練習船としての使命を終え、横浜市に譲渡される。財団法人帆船日本丸記念財団が結成され管理にあたり、翌85年から横浜港の日本丸メモリアルパークに係留、一般公開されている。資料展示、海洋教室、定期的な展帆、各種イベントなどを開催、海事思想普及と一般市民の海事訓練の場として役立っている。[茂在寅男]

2代目日本丸

初代日本丸にかわる第2代目の新造帆船で、住友重機械工業追浜(おっぱま)造船所浦賀(うらが)工場で建造、1984年2月15日進水、使用目的および所属・運営は、初代と同様である。練習船では初めて女子学生用の居住施設を設けている。1965年、航海訓練所内に新しい練習帆船建造を目的とする「練習船整備対策委員会」が設置されたことに始まり、81年に建造調査を実施、83年起工。2570総トン、長さ110.09メートル、幅13.80メートル、ディーゼル機関2基、出力1500馬力×2、4檣バーク型帆船。2000年現在、商船大学2校、商船高専5校、海員学校8校の生徒の訓練用として使用されている。[茂在寅男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本丸の関連情報