日本信販[株](読み)にっぽんしんぱん

百科事典マイペディアの解説

日本信販[株]【にっぽんしんぱん】

通称NICOS。信販会社の老舗で最大手。1951年日本信用販売を設立し,クーポン券による割賦購入あっせん事業を開始。1956年マンション分譲販売,1958年自動車ローン,1963年ショッピングクレジットに進出。1966年クレジットカード制度を開始し現社名に改称。その後はリース・ファクタリング・旅行・企業金融などに多角化。銀行・大学・自治体など異業種との提携を積極的に展開している。旧三和銀行およびその系列金融機関と親密。2004年3月UFJ銀行から2000億円の増資を受け,2005年10月UFJカードと統合し社名をUFJニコスと変更,UFJ銀行の連結子会社となる。2007年ディーシーカードと合併し三菱UFJニコスとなる。Jリーグのサポーター・クラブや石油元売会社など幅広い業種と提携カードを推進。IT決裁分野に力を注ぐ。本社東京。2011年資本金1093億円,2011年3月営業収益3006億円。
→関連項目JCB[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしんぱん【日本信販[株]】

日本で最初の消費者信用販売会社で,最大手。正しくは〈にっぽんしんぱん〉。1951年,日本信用販売(株)として設立,当初は高島屋,松屋,白木屋(現,東急百貨店)などを加盟店とするチケット(日本信販クーポン)による割賦購入斡旋事業を行っていた。これは一流企業,官庁など職域の消費者を会員としてチケットを配布,会員はそのチケットを使って加盟店で物品を購入し,支払の方は分割で行うという仕組みであった。しかし59年に通産省から〈百貨店業者の割賦販売の自粛について〉という通達が出されたため,事業の縮小を余儀なくされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android