日本冶金工業[株](読み)にっぽんやきんこうぎょう

百科事典マイペディア「日本冶金工業[株]」の解説

日本冶金工業[株]【にっぽんやきんこうぎょう】

森コンツェルン系。ステンレス専業3社の一つ。1925年消火器の製造・販売を目的に,中央理化工業として設立。火薬火工品技術を買われ,事業内容を転換。1928年に日本火工に改称。その後,森矗昶が社長に就任し,軽合金製造に進出。1942年火薬部門を分離し,現社名に改称。ニッケル精錬からの一貫生産を貫徹。ステンレス厨房の〈ナスステンレス〉が有名。本社東京,工場川崎,大江山。金沢工場は1999年10月に閉鎖。2003年8月,日本政策投資銀行とみずほフィナンシャルグループの支援を受けて抜本的再建着手。2011年資本金243億円,2011年3月期売上高1387億円。売上構成(%)は,ステンレス鋼板及びその加工品100。海外売上比率29%。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android