日本出版販売(株)(読み)にほんしゅっぱんはんばい

日本大百科全書(ニッポニカ)「日本出版販売(株)」の解説

日本出版販売(株)
にほんしゅっぱんはんばい

略称日販。1949年(昭和24)9月創立の出版取次会社。同年3月に日本出版配給株式会社(日配)が過度経済力集中排除法の指定により解散した後を受けて、東京出版販売株式会社(現トーハン)などとともに設立された。わが国には現在約100社の出版取次会社があるといわれるが、トーハンと日販の2社で全出版物の約70%を扱っており、寡占状況にある。かつて「雑誌の東販、書籍の日販」といわれたこともあったが、現在はその特色も薄れた。資本金30億円、従業員2812人、売上高約7173億円(1995)。

[清田義昭]

『日本出版販売株式会社編・刊『日販三十年のあゆみ』(1980)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android