コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本十進分類法(NDC)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本十進分類法(NDC)

1929年に考案され、今では公立図書館や大学図書館で広く活用されている。まず0〜9までの10分野に分けられる。例えば0は総記、4は自然科学、9は文学。さらに下のけたで細分化される。「913」であれば9で文学、次のけたの1も合わせて日本文学、最後の1けたの3も加えると日本文学の小説、物語を示す。

(2006-03-28 朝日新聞 朝刊 広島1 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本十進分類法(NDC)の関連キーワード十進分類法(じっしんぶんるいほう)国立情報学研究所日本図書館協会逆ベーコン順助記的記号法文学共通区分言語共通区分展開分類法観点分類法十進記号法総記クラス階層記号法十進分類法図書分類法間宮不二雄一般分類表地理区分蔵書比率相関索引形式区分

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android