コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本地震学会

1件 の用語解説(日本地震学会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本地震学会

1880(明治13)年の横浜地震を機に、世界初の地震学会として設立。当初、約120人の会員の過半数は日本在住の外国人だった。1929年にできた現在の地震学会は昨年、公益社団法人と認定された。地震学のほか固体惑星地球物理学地震工学、周辺分野の研究者、教育者らも参加し、会員は約2千人。

(2011-11-17 朝日新聞 朝刊 名古屋共通 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本地震学会の関連キーワード今村明恒深発地震横浜市立大学プレート間地震有感地震鯰絵台湾高速鉄道(台湾新幹線)西山断層国包(13代)椋平広吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本地震学会の関連情報