コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本式ローマ字綴り にほんしきローマじつづり

大辞林 第三版の解説

にほんしきローマじつづり【日本式ローマ字綴り】

日本語を書き表すためのローマ字のつづり方の一。1885年(明治18)田中館愛橘たなかだてあいきつがそれまでのヘボン式に反対し、外国語の影響を受けない、日本語の音韻体系に基づく方式として提唱したもの。「火事」を [kwazi]、「地面」を [dimen] とするなど歴史的仮名遣いをもとにする。クヮ・グヮを kwa, gwa と書くほか、シ・チ・ツを si, ti, tu, ジ・ズを zi, zu, ヂ・ヅを di, du, フを hu, ヲを wo とつづるなど五十音図によって同一行の子音字には同じ字を当てる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本式ローマ字綴りの関連キーワード仮名遣い五十音図

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android