コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本文典 にほんぶんてん

大辞林 第三版の解説

にほんぶんてん【日本文典】

〔原題 ポルトガル Arte da Lingoa de Iapam〕 文法書。ロドリゲス著。1604~1608年長崎刊。当時の日本の口語の文法をラテン文典の組織によりながらポルトガル語で記述。同著者の「日本小文典」に対して本書を「日本大文典」ともいう。
〔原題 ラテン Ars Grammaticae Iaponicae Linguae〕 文法書。ドミニコ会宣教師、スペイン人コリャード著。1632年ローマ刊。日本語の文法をラテン語で記したもの。
〔原題 A Japanese Grammar〕 文法書。ドイツの日本学者ホフマン著。1868年ライデンで刊行。欧米および日本の学者に少なからぬ影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本文典の関連キーワードホフマン(Johann Joseph Hoffmann)リチャード・L. スピアオヤングレン広日本文典大槻 如電岡田 正美物集 高見コリャード大槻 文彦語法指南岡田正美大槻文彦田中義廉鶴峯戊申中根香亭パジェスホフマン中根淑助動詞品詞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android