コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本棋院と関西棋院

1件 の用語解説(日本棋院と関西棋院の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本棋院と関西棋院

囲碁のプロ棋士の所属団体。1924(大正13)年、東京に日本棋院が設立されたが、50(昭和25)年、日本棋院に所属していた橋本宇太郎本因坊(当時)ら関西の一部の棋士が「各地域の棋院が互いに切磋琢磨(せっさたくま)することが棋界の隆盛を招来する」と独立し、関西棋院を設立。残った棋士が日本棋院関西総本部を作った。それぞれ独自の棋戦もあるが、七大タイトル戦は両棋院の棋士が出場して覇を競う。

(2012-12-27 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本棋院と関西棋院の関連キーワード大手合奨励会プロ編入試験碁師碁聖棋院団体定期保険菊池康郎田中政喜坂井秀至

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本棋院と関西棋院の関連情報