コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本碍子[株] にっぽんがいし

百科事典マイペディアの解説

日本碍子[株]【にっぽんがいし】

森村グループの中核をなす碍子(がいし)トップメーカー。1919年日本陶器から碍子部門が独立。1986年通称を日本ガイシとした。碍子生産では世界一で約30%のシェアを占める。
→関連項目日本特殊陶業[株]ノリタケカンパニーリミテド[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の日本碍子[株]の言及

【陶磁器】より

…20年にはトンネル窯が初めて導入され,同じころ機械式ろくろ,絵付用のゴム印,転写紙なども広く普及し始めた。衛生陶器の分野では東洋陶器(現,東陶機器・略称TOTO)が1917年,工業用品の分野では碍子(がいし)の日本碍子が19年に,それぞれ日本陶器からの部門独立という形で設立され,この時期に衛生陶器,碍子の国産化がほぼ達成されている。 第2次大戦により設備は壊滅的損害を受けたが,戦後の復興需要,占領軍向け需要に加えて輸出が順調であったため,48年ころから生産は回復し始め,56年には戦前水準にまで戻った。…

※「日本碍子[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本碍子[株]の関連キーワードノリタケカンパニーリミテド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android