コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本郵政の民営化

1件 の用語解説(日本郵政の民営化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本郵政の民営化

日本郵政は政治の波にもまれ、民営化と揺り戻しを繰り返してきた。2005年、小泉政権のもとで郵政民営化法が成立。日本郵政公社を、持ち株会社の「日本郵政」と傘下の4法人に分け、うち「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」の株を17年までにすべて売って完全民営化する方針を決めた。これに対し、09年に発足した民主党政権は株の売却を凍結。12年には民営化見直し法が成立し、金融2社の全株売却は努力目標とした。だが政権交代後の今年6月に就任した西室泰三・日本郵政社長は、15年春の株式上場をめざす意向を示している。子会社日本郵便は社員数20万9千人、郵便局は約2万4千カ所。

(2013-11-17 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本郵政の民営化の関連キーワード郵政事業庁日本郵政公社日本郵政株式会社IPTPJP日本郵政日本郵政グループ日本郵政グループ労働組合日本郵便株式会社郵政族日本郵政グループ労働組合(JP労組)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本郵政の民営化の関連情報