コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本郵政の民営化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本郵政の民営化

日本郵政は政治の波にもまれ、民営化と揺り戻しを繰り返してきた。2005年、小泉政権のもとで郵政民営化法が成立。日本郵政公社を、持ち株会社の「日本郵政」と傘下の4法人に分け、うち「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」の株を17年までにすべて売って完全民営化する方針を決めた。これに対し、09年に発足した民主党政権は株の売却を凍結。12年には民営化見直し法が成立し、金融2社の全株売却は努力目標とした。だが政権交代後の今年6月に就任した西室泰三・日本郵政社長は、15年春の株式上場をめざす意向を示している。子会社の日本郵便は社員数20万9千人、郵便局は約2万4千カ所。

(2013-11-17 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android