日本郵政グループ労働組合(JP労組)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本郵政グループ労働組合(JP労組)

旧総評系の「日本郵政公社労働組合(旧全逓組合員約14万人)」と旧同盟系の「全日本郵政労働組合(同約8万人)」が10月22日に統合して誕生した。もともと一つの組合だったが、旧全逓の闘争的な運動に反対して分離したグループが65年に全郵政を発足。以後40年以上にわたって両組合は対立を続けてきたが、郵政民営化反対で共闘が実現。統合につながった。

(2007-11-30 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本郵政グループ労働組合(JP労組)の関連情報