コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本鉱業[株] にほんこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

日本鉱業[株]【にほんこうぎょう】

1905年久原房之助が日立鉱山に設立した久原鉱業所に発し,1928年鮎川義介が譲り受け,日産コンツェルンの基礎となった会社。中条の天然ガス,日立,佐賀関,三日市の製錬,水島,船川の製油,袖ヶ浦の潤滑油,倉見の金属加工の各事業所をもった。
→関連項目尾小屋鉱山高玉鉱山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんこうぎょう【日本鉱業[株]】

銅のシェアで日本でトップの日本の代表的な鉱業会社。非鉄金属と石油の資源開発,精製,精錬,加工を行う。 1905年,久原房之助(1869‐1965)が茨城県日立の赤沢銅山を買収し,日立鉱山として個人創業したのに始まる。07年に久原鉱業所と改称,日本有数の産銅会社に成長し,12年には久原鉱業(株)となった。その後,14年までに国内の鉱山20以上を買収,15年には朝鮮の鎮南浦に,16年には大分県の佐賀関に製錬所を設置した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の日本鉱業[株]の言及

【日立鉱山】より

…しかしその後の銅市況の低迷と鉱況の悪化によって経営不振に陥り,28年久原は社長を辞任し,義兄の鮎川(あいかわ)義介が引き継いだ。鮎川は同年持株会社として日本産業(株)を設立,翌29年には日本鉱業(株)を発足させた。32年から数年間金の売上げが銅を上回ったが,第2次大戦中の43年には産銅高が1万6300tに達した。…

※「日本鉱業[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本鉱業[株]の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府フランス社会党ベンガル分割

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本鉱業[株]の関連情報