コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本音楽著作権協会(JASRAC)

2件 の用語解説(日本音楽著作権協会(JASRAC)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本音楽著作権協会(JASRAC)

1939年設立の日本最大の著作権管理団体。会員の作曲家・作詞家らに代わり、放送やネット配信、カラオケなどでの楽曲の使用料を徴収し、分配している。こうした業務はかつて国の許可制で、JASRACの独占市場だったが、2001年施行の著作権等管理事業法新規参入が可能となった。だが状況は変わらず、近年のシェアも99%前後。NHKなど放送局からの徴収分は約300億円で、シェアも同程度とみられる。

(2013-11-02 朝日新聞 朝刊 1総合)

日本音楽著作権協会(JASRAC)

国内最大の著作権管理団体。国内外の350万曲を管理し、カラオケやネット、テレビなどで音楽が使われる際に著作権使用料を徴収し、作曲家や作詞家らに分配している。2015年度の徴収額は約1117億円で、文化庁の年間予算を上回る。

(2016-09-15 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本音楽著作権協会(JASRAC)の関連キーワードナップスター日本音楽著作権協会著作権管理団体著作権等管理団体一般社団法人日本音楽著作権協会編集著作権DRMフリー著作権管理フリー東京電力[株]水防管理団体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本音楽著作権協会(JASRAC)の関連情報