日本音楽著作権協会(JASRAC)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本音楽著作権協会(JASRAC)

1939年設立の日本最大の著作権管理団体。会員の作曲家・作詞家らに代わり、放送やネット配信、カラオケなどでの楽曲使用料を徴収し、分配している。こうした業務はかつて国の許可制で、JASRACの独占市場だったが、2001年施行の著作権等管理事業法で新規参入が可能となった。だが状況は変わらず、近年シェアも99%前後。NHKなど放送局からの徴収分は約300億円で、シェアも同程度とみられる。

(2013-11-02 朝日新聞 朝刊 1総合)

日本音楽著作権協会(JASRAC)

国内最大の著作権管理団体。国内外の350万曲を管理し、カラオケやネット、テレビなどで音楽が使われる際に著作権使用料を徴収し、作曲家や作詞家らに分配している。2015年度の徴収額は約1117億円で、文化庁の年間予算を上回る。

(2016-09-15 朝日新聞 朝刊 3総合)

日本音楽著作権協会(JASRAC)

国内外の楽曲約350万曲の著作権を管理。楽曲の利用者から著作権料を徴収し、作曲家、作詞家らに分配している。15年度の年間徴収額1117億円のうち演奏会やカラオケ歌唱などで徴収した演奏権使用料は212億円で前年度比103%だった。

(2017-02-02 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本音楽著作権協会(JASRAC)の関連情報