コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日根野対山 ひねの たいざん

美術人名辞典の解説

日根野対山

幕末の南画家。大坂生。名は盛長、字は成信・小年、別号に茅海・錦林子等。画は貫名菘翁に学び、また鉄翁祖門に私淑した。特に山水画に長じて近世南画壇の巨擘と称される。明治2年(1869)歿、57才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone