コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日淳

美術人名辞典の解説

日淳

江戸初期の日蓮宗の僧。号は善住院・実成院。越前朝倉家家臣上木新兵衛の子。金沢藩主前田利常の生母寿福院の帰依を得て、金沢経王寺の開山となる。滝谷妙成寺の住持を兼ねて両寺一主の制を確立した。元和2年(1616)寂。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

日淳の関連キーワード春日 照代ルーマン白峯神宮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日淳の関連情報