コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日独間の潜水艦作戦

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日独間の潜水艦作戦

1942年初めに締結した日独伊軍事協定に基づき、日独間で重要物資や人員の輸送作戦が行われた。当初は特設巡洋艦や長距離飛行機を使ったが、連合国側の攻撃が激しくなるなど困難になり、潜水艦が頼みの綱に。日本側は42~44年に5隻をドイツに派遣。一番手の伊30号は復路、シンガポール付近で機雷に触れて沈没(42年10月)。2隻目の伊8号は成功。次の伊34号は往路マレー半島のペナン入港直前、撃沈(43年11月)。伊29号は復路、フィリピン付近で撃沈(44年7月)。伊52号は往路、大西洋で撃沈(同6月)。一方、ドイツの潜水艦(Uボート)は43~45年に4隻が日本に向かったが、無事に到着したのは1隻。2隻は撃沈され、1隻は米国に投降

(2012-09-03 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日独間の潜水艦作戦の関連キーワードレジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン第2次世界大戦太平洋戦争アフリカ文学大庭秀雄

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android