日田彦山線の代行バス

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日田彦山線の代行バス

2017年7月の九州北部豪雨で、日田彦山線添田―夜明間が不通となり、JR九州が代行バスを運行している。JRによると、この区間の平均所要時間は鉄道だと44分だったが、代行バスは69分かかる。 この区間は被災前に年2.6億円の赤字だった。JRは4月、鉄道に加え、バス高速輸送システム(BRT)、通常のバスで復旧の3案を自治体側に提示。鉄道復旧に年1.6億円の財政支援を自治体側に求めている。 福岡県の小川洋知事は「地元負担なしの鉄道復旧が難しいというJRの答えはきわめて残念」とし、「JRが直接住民に説明することが必要」との考えを示している。

(2019-06-15 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日田彦山線の代行バスの関連情報