コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日立マクセル ひたちマクセルHitachi Maxell, Ltd.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日立マクセル
ひたちマクセル
Hitachi Maxell, Ltd.

日立系の電池,光学部品メーカー。1961年日東電気工業(→日東電工)から乾電池磁気テープ部門のマクセル電気工業(1960登記)が分離独立して創業。1964年現社名に変更。1969年にマクセル・コーポレーション・オブ・アメリカ,1976年にマクセル・ヨーロッパ,1980年にマクセル・ユーケーなど関係会社を設立。オーディオ・ビデオテープなどの磁気テープ,フロッピーディスクや磁気カードなどのエレクトロニック機材,各種の電池をおもに製造,販売。まんがビデオでコンテンツ市場にも進出した。近年は光ディスクリチウムイオン電池などの二次電池が急成長している。2010年グループ再編のため日立製作所の完全子会社となったが,2014年東京証券取引所に再上場した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日立マクセル

正式社名「日立マクセル株式会社」。英文社名「Hitachi Maxell, Ltd.」。電気機器製造業。昭和35年(1960)「マクセル電気工業株式会社」設立。同39年(1964)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区飯田橋。電気機器メーカー。コンピューターテープ・放送用ビデオテープ・DVDなど情報メディアが主力。ほかにリチウムイオン電池・光学部品など。東京証券取引所第1部上場。証券コード6810。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

日立マクセルの関連キーワードマクセルスリオンテックuni Mediax九州日立マクセルデジタルペン小村祐之介

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android