コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米の新聞業界

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日米の新聞業界

米国では全国紙は少なく、ほとんどは州や都市ごとの地方紙。米新聞協会によると、新聞総数はこの20年で15%減り、08年は1408紙。平日の総部数は約4800万部(朝夕刊紙の合計)。すでにPIやクリスチャン・サイエンス・モニターなどがオンライン専業化。シカゴ・トリビューンロサンゼルス・タイムズなどは連邦破産法による破綻(はたん)を申請し、発行は継続中。新聞全体の広告収入は昨年末までの2年間で23%減った。一方、日本の場合、日本新聞協会が調べた41社の平均では、総部数の90%以上を占める宅配制度に支えられた新聞販売収入が50%強。広告は30%にすぎないため、米国ほどの直撃を受けていない。日米に共通するのは、部数と広告の低迷インターネットを着実に収益増に結びつけるビジネスモデルが見つかっていない悩みも同じだ。

(2009-06-26 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android