コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米協定(プロ野球の) ぷろやきゅうのにちべいきょうてい/にちべいきょうていUnited States‐Japanese Player contract agreement

知恵蔵の解説

日米協定(プロ野球の)

日米のコミッショナー間には、1967年に調印された紳士協定が存在し、両国野球機構の共存共栄が図られてきたが、野茂英雄のメジャーリーグ入りをきっかけに、日本プロ球界から米国への選手流出が頻繁になったため、98年12月に新たな「日米間選手契約に関する協定」が調印・発効された。改革点は、日本選手の米国球界入りの際にポスティングが導入されたこと。イチローがこの制度の適用第1号。

(武田薫 スポーツライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

日米協定(プロ野球の)の関連キーワードオープンスカイ協定と独占禁止法適用除外対日経済援助[アメリカ合衆国]ガリオア基金嘉手納基地外国軍隊ハリス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android