コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米地位協定と第一次裁判権

1件 の用語解説(日米地位協定と第一次裁判権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日米地位協定と第一次裁判権

日米地位協定は、1960年の日米安保条約改定に伴って成立した。在日米軍に対する基地や訓練区域の提侠米軍の日本での権限が定められた全28条からなる協定。第一次裁判権は、刑事事件を最初に審理裁判する権限。地位協定17条は米兵らの犯罪について日米両国の裁判権が競合する場合の第一次裁判権の原則を定めている。米兵らの公務執行中の犯罪などは米軍に第一次裁判権があり、その他は日本がこの権利を有するとしている。

(2010-08-13 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日米地位協定と第一次裁判権の関連キーワード日米行政協定在日米軍日米安保条約安保SOFA安保条約地位協定東郷文彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone