コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米防衛協力のための指針(ガイドライン)と周辺事態法

1件 の用語解説(日米防衛協力のための指針(ガイドライン)と周辺事態法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日米防衛協力のための指針(ガイドライン)と周辺事態法

日米防衛協力のための指針は、日米安全保障条約に基づいて自衛隊と米軍の役割分担を定めるため、冷戦下の1978年、旧ソ連の日本侵攻を想定してつくられた。冷戦終了後の97年に改定され、日本が直接攻撃される有事に加え、朝鮮半島の有事など、日本の平和と安全に影響を与える有事を「周辺事態」とする考え方を導入。周辺事態の際には、物資の輸送や補給など米軍への後方支援や、米軍に民間の空港・港湾を使用させることなど約40項目を盛り込んだ。これらの対米支援を行うために99年、周辺事態法などガイドライン関連法が成立した。

(2014-06-16 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日米防衛協力のための指針(ガイドライン)と周辺事態法の関連キーワード日米安保協議委員会日米防衛協力のための指針極東有事研究日米安保閣僚会議日米防衛技術協力ガイドライン関連法2プラス2安全保障条約日米防衛協力のための指針(ガイドライン)丸山昂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日米防衛協力のための指針(ガイドライン)と周辺事態法の関連情報