コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米防衛協力のための指針(ガイドライン)

1件 の用語解説(日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日米防衛協力のための指針(ガイドライン)

日本が他国に攻撃されたときなどの自衛隊と米軍の具体的な役割分担を決める政策文書。日米両国の閣僚間で合意するもので、条約のような国会承認は必要とされない。ただ、米国との国際約束になるため、日本の安全保障枠組みに大きな影響を与えてきた。1978年、旧ソ連の侵攻に備えて初めてつくられ、冷戦後の97年の改定では、朝鮮半島有事を想定した。

(2015-04-28 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の関連キーワードクサントス有事関連法使節楚囚武力攻撃日米防衛協力のための指針(ガイドライン)と周辺事態法尻高景家攻撃権コントルそれまで

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の関連情報