コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置〈町〉 へき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕日置〈町〉(へき〈ちょう〉)


山口県北西部、日本海に面する掛淵(かけふち)川上流域に存在した町。大津郡。
大津杜氏(とうじ)で知られる。2005年(平成17)3月、合併のため廃止。この合併により、大津郡消滅。⇒長門市

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日置〈町〉の関連キーワード山口県の旧油谷町日置川(旧町名)山口県長門市日置川三隅油谷義侠日置古市

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android