コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日赤の戦時救護班

1件 の用語解説(日赤の戦時救護班の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日赤の戦時救護班

1937年の日中戦争の開始以降、陸海相の命令で960班が編成された。原則として医師・書記各1人、看護婦約20人の計約20~30人の構成。10代後半~20代を中心に「赤紙」召集された看護婦ら、2万6千人余が国内の陸海軍病院のほか外地の戦線に送られ、1187人が殉職した。敗戦直前に編成された5班は、派遣に至らなかった。

(2008-08-31 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日赤の戦時救護班の関連キーワード支那事変戦陣訓千人針大本営東亜新秩序北支事変十五年戦争日支事変便衣隊南進政策

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone