コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野資始 ひの すけもと

美術人名辞典の解説

日野資始

仙台藩士。通称小五郎・大五郎、号は千里台天有。保田光則門人。和歌・俳諧を能くする。定供右筆・郡方横目付を務めた。著書に『宮城百人一首』がある。明治3年(1870)歿、50才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone