コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日銀ネット にちぎんネット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日銀ネット
にちぎんネット

正式には日本銀行金融ネットワーク・システムという。日本銀行と民間金融機関をオンラインで結ぶシステム。 1988年 10月に営業系システムの稼働を開始した。営業系システムは,日銀が取引金融機関のコンピュータとオンラインで結び,当座預金の振替,無担保コール,準備預金などの取引を,各金融機関の端末操作により行なうシステムである。振替依頼書や日銀小切手を,日銀窓口に持ち込むことなく決済が行なえるため,事務の効率化,迅速化が進み,また持ち込みの際のデリバリー・リスクも回避できるようになった。その後国債の受け渡しをオンラインで行なう国債系システムや外為売買に伴う円貸金の決済のオンライン化など,業務対象は拡大している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日銀ネットの関連キーワード全国銀行データ通信システム新日銀ネットCLS銀行

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日銀ネットの関連情報