コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日陰者ジュード ひかげものジュードJude the Obscure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日陰者ジュード
ひかげものジュード
Jude the Obscure

イギリスの詩人,小説家 T.ハーディの小説。 1895年刊。不遇の境涯から身を起して学問を志す若者が,自制できない肉欲の誘惑や周囲の事情に翻弄されてついに挫折するにいたる,霊と肉の相克を描いた自然主義的小説。『ダーバービル家のテス』に続くこの作品に認められる反結婚的自由恋愛の思想について世間の非難が高まったため,ハーディは以後小説の執筆をやめ,詩作に転じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日陰者ジュード
ひかげものじゅーど
Jude the Obscure

イギリスの作家T・ハーディの長編小説。1895年刊。学問にあこがれる貧しい石工ジュードは独学でクライストミンスター(オックスフォード)の大学入学を志すが拒否される。一方、肉欲の女アラベラに誘惑され、また反キリストの進歩的理想家の女教師シューと自由な共同生活を営むが惨めな失敗に終わる。シューは古い信仰と平凡な結婚生活に戻り、ジュードはクライストミンスターの下宿で孤独に息を引き取る。グロテスクな挿話を織り込んで近代人の悲惨を描き、発行当時は道徳的非難の的となったが、のちに20世紀文学を予見する作品として再評価されている。[海老根宏]
『大沢衛訳『日蔭者ヂュード』全3冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日陰者ジュードの関連キーワードハーディ(Thomas Hardy)ハーディー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android