コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日露戦争と捕虜

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日露戦争と捕虜

日露戦争では1905年の旅順陥落や奉天会戦などで多数のロシア兵が捕虜となり、合計約8万人に上った。日本国内に設けられた収容所は計29カ所。一方、日本兵の捕虜は約2千人で、大多数はロシア・メドベージ収容所に収容された。1899年に採択された「ハーグ陸戦条約」の精神に基づき、両国は捕虜を人道的に処遇したとされる。戦争終結100周年にあたる昨年4月にはロシア・メドベージ村の村長らが来日、収容所で亡くなったロシア兵の墓地(大阪府泉大津市)や、高石市を訪問。日ロ両国の交流も生まれている。

(2006-07-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日露戦争と捕虜の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府フランス社会党ベンガル分割

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日露戦争と捕虜の関連情報