コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日露戦争と捕虜

1件 の用語解説(日露戦争と捕虜の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日露戦争と捕虜

日露戦争では1905年の旅順陥落や奉天会戦などで多数のロシア兵が捕虜となり、合計約8万人に上った。日本国内に設けられた収容所は計29カ所。一方、日本兵の捕虜は約2千人で、大多数はロシア・メドベージ収容所に収容された。1899年に採択された「ハーグ陸戦条約」の精神に基づき、両国は捕虜を人道的に処遇したとされる。戦争終結100周年にあたる昨年4月にはロシア・メドベージ村の村長らが来日、収容所で亡くなったロシア兵の墓地(大阪府泉大津市)や、高石市を訪問。日ロ両国の交流も生まれている。

(2006-07-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日露戦争と捕虜の関連キーワード陸軍記念日奉天の会戦向野堅一コンドラテンコ田崎豊彦田中館佳橘前田隆礼三谷末次郎山岡熊治吉岡友愛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone