コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高[村] ひだか

世界大百科事典 第2版の解説

ひだか【日高[村]】

高知県中央部,高岡郡の村。人口6105(1995)。仁淀川中流南岸に位置し,南は土佐市に接する。北部と南部は石灰岩山地で占められ,中央部を東流する日下(くさか)川が村の東端で仁淀川に合流する。日下川流域は低湿で生産性は低く,米作も行われるが畑地での野菜,ミカン,茶の栽培や畜産が盛ん。下分(しもぶん)の奥の谷に,戦国期日下の領主であった三宮氏の葛掛(くずかけ)城跡がある。小村おむら)神社は土佐の二宮とされた古社で,神体の金銅装環頭大刀(国宝)は古墳時代後期のものとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日高[村]の関連キーワード吉野作造記念館テネシー州ル・マン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android