日高川(町)(読み)ひだかがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日高川(町)
ひだかがわ

和歌山県中部、日高郡にある町。2005年(平成17)川辺町(かわべちょう)と中津(なかつ)、美山(みやま)の2村が合併し、日高川町が成立。日高川の中・上流域にあたる山間地で、森林面積は約90%。東部の山地は急峻で、西に向かってなだらかな地形に移行する。日高川は町の中央を東から西に蛇行する。JR紀勢本線(きのくに線)、国道424号が通じ、湯浅御坊(ゆあさごぼう)道路の川辺インターチェンジがある。日高川上流部では林業が盛んで、第二次世界大戦後まで日高川を利用して木材を流す筏(いかだ)師がいた。現在はスギ、ヒノキの用材、生産量が全国一の紀州備長炭(びんちょうたん)を産する。農業では柑橘(かんきつ)類や野菜栽培のほか山間部ではウメ、シイタケ、センリョウなどを栽培。下流部の鐘巻(かねまき)にある道成寺(どうじょうじ)は文武天皇の勅願寺と伝え、安珍(あんちん)清姫の物語で知られる。国宝の木造千手観音立像、木造菩薩立像(伝日光・月光菩薩(ぼさつ)像)など多数の寺宝を蔵する。日高川の支流、寒川(そうがわ)沿いに中世の土豪寒川氏の氏神寒川神社がある。面積331.59平方キロメートル、人口9776(2015)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android