コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日・蘭印会商 にちらんいんかいしょう

世界大百科事典 第2版の解説

にちらんいんかいしょう【日・蘭印会商】

オランダ領東インド(蘭印)政府がとった対日輸入制限をめぐる通商交渉。1930年代に入って日本の蘭印に対する貿易量は急速に拡大し,とくに輸出額が急増,34年には蘭印の全輸入額の3割以上が日本によって占められるに至った。蘭印政府はこの片貿易(1934年の対日輸出額は全体の4%)を調整するため,対日輸入制限を開始した。この制限をめぐっての両政府間の交渉は,バタビア(現,ジャカルタ)で第1次(1934年6月)が行われ,一時中断ののち,37年に石沢=ハルト協定が結ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日・蘭印会商の関連キーワードファン・モーク