コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧す ふりす

大辞林 第三版の解説

ふりす【旧す】

( 動サ変 )
古くなる。すたれる。多く打ち消しの語を伴って用いる。 「身ははやく奈良の都になりにしを恋しきことの-・せざるらむ/拾遺 恋四

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

旧すの関連キーワードD.ステファン セナナヤカディザスターリカバリービジネスインパクト分析dual systemディムドプリンタージャーナルファイルギャランティー型ウィンドウズMe災害復興住宅融資保護リレー方式ランサムウエア大久保彦左衛門被曝線量の基準事業継続管理事業継続計画ジャーナルリカバリー電磁開閉器国土緑化特定物質

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧すの関連情報