コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧境町の蚕種業

1件 の用語解説(旧境町の蚕種業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧境町の蚕種業

元県蚕糸課長の関口政雄さんによると、境島小がある旧境町島村地区が蚕種の名産地になった理由のひとつに「利根川」の存在があるという。桑の葉にキョウソバエが卵を産む。蚕が桑と一緒にこの卵を食べると、蚕が繭を作ってサナギでいるころ、その腹の中でウジがかえり、蚕を食い殺してしまう。しかし水につかると、卵は流されるため、何度も洪水被害に遭った川沿いの地域は蚕にとってすみやすいという。長野県上田市福島県伊達市といった大産地にも、千曲川阿武隈川という大河がそばにある。

(2010-08-19 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧境町の蚕種業の関連キーワード家蚕糸柞蚕糸蚕糸天蚕糸蚕国蚕糸蚕糸業蚕糸試験場天蚕糸蛾井上柳梧井之口政雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone