コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧平和村

1件 の用語解説(旧平和村の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧平和村

大和郡山市の東部。東西3キロ、南北2.5キロの範囲にある上三橋、下三橋、稗田(ひえだ)、若槻、大江、番匠(ばんじょう)田中、井戸野、美濃庄(みのしょう)の8町は、平和地区と呼ばれる。1888(明治21)年の市制・町村制の公布に伴って八つの村が合併村願を出した際、いがみ合うことなく平和に合意に達したことから「平和村」と名付けられたとされる。戦後の1953年、郡山町(現・大和郡山市)と合併した。今年5月末現在で約7300人、3千世帯が暮らす。

(2014-07-03 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧平和村の関連キーワード奈良県大和郡山市魚町奈良県大和郡山市材木町奈良県大和郡山市城南町奈良県大和郡山市新町奈良県大和郡山市茶町奈良県大和郡山市新木町奈良県大和郡山市西町奈良県大和郡山市本町奈良県大和郡山市柳奈良県大和郡山市山田町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone