コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧志免鉱業所

1件 の用語解説(旧志免鉱業所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧志免鉱業所

1906(明治39)年に軍艦の燃料とするため、旧海軍が直営炭鉱として開いた。戦後は唯一の国営炭鉱として旧運輸省、旧国鉄に引き継がれ、1964年に閉山した。竪坑櫓は増産を迫られた戦時下の43年に完成。鉄筋コンクリート製で高さ47・65メートル(地上9階)。07年に国の登録有形文化財になった。巻き上げ機を櫓内に収めた「ワインディングタワー」方式で、塔上部が突き出した「ハンマーコップ(金づち)」型。現存する同型の櫓は世界で数例しかない。四角が組み合わさった外観をモダニズム建築として評価する声があり、廃虚マニアも熱い視線を注ぐ

(2009-07-01 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧志免鉱業所の関連キーワード灯油艦上艦齢気体燃料軍艦旗エコノミーラン燃料噴射弁バイオディーゼル燃料(BDF)平賀譲(ゆずる)航空機の燃料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone