コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧満州への移民政策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧満州への移民政策

1931(昭和6)年の満州事変後に本格化、広田弘毅内閣が36年に「20年間100万戸」計画を打ち出し、国策として推進された。昭和恐慌による農村疲弊と、ブラジル移民の制限などが背景にあった。農村の一部が移住する「分村」、複数の村が合同する「分郷」などの方式で開拓団が組織され、16~19歳の若者を送り込む「満蒙開拓青少年義勇軍」なども創設された。敗戦時の入植者は約27万人、秋田県からは約9400人に達したとされる。

(2015-08-24 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

旧満州への移民政策の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android