コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧満州への移民政策

1件 の用語解説(旧満州への移民政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧満州への移民政策

1931(昭和6)年の満州事変後に本格化、広田弘毅内閣が36年に「20年間100万戸」計画を打ち出し、国策として推進された。昭和恐慌による農村の疲弊と、ブラジル移民の制限などが背景にあった。農村の一部が移住する「分村」、複数の村が合同する「分郷」などの方式で開拓団が組織され、16~19歳の若者を送り込む満蒙開拓青少年義勇軍」なども創設された。敗戦時の入植者は約27万人、秋田県からは約9400人に達したとされる。

(2015-08-24 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧満州への移民政策の関連キーワード造反有理満州語江別粽形満州国協和会今に始めぬ満州開拓移民満州開拓団満州国と満蒙開拓団・青少年義勇軍満州開拓団と島根県

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone