コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧満州国のアヘン政策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧満州国のアヘン政策

旧満州国は、アヘン中毒患者の治療・救済を名目に、登録した患者に限ってアヘンの吸飲を認める専売制を敷き、大きな利益をあげていた。同国専売総局の38年2月のまとめでは、アヘン中毒患者は人口の3%、約90万人と推計している。当局は対外的には、アヘン専売が利益のためであることを繰り返し否定した。しかし、71年に財団法人満蒙同胞援護会が発行した「満州国史各論」は、1930年代後半で国家歳入の5〜8%がアヘンの専売収入によるものだったとしている。

(2007-01-09 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android