コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧産炭地の就労事業

1件 の用語解説(旧産炭地の就労事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧産炭地の就労事業

炭鉱合理化政策の中で、1959年に始まった炭鉱離職者緊急対策事業(緊就)、68年開始の産炭地域開発就労事業(開就)、71年開始の特定地域開発就労事業(特開)があり、国の補助で単純土木作業などの働く場を提供してきた。暫定的な雇用対策のため、06年度までにすべて廃止されたが、激変緩和措置として特開の暫定事業(07〜10年度)が、田川市など福岡県の8市町で続いており、07年度は21億円が計上された。

(2008-01-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

旧産炭地の就労事業の関連キーワードチベット問題ルナ恐怖映画フィルムは生きている安保闘争VIVO薄桜記人間の壁フランキー堺ライト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone