コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧産炭地の就労事業

1件 の用語解説(旧産炭地の就労事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧産炭地の就労事業

炭鉱合理化政策の中で、1959年に始まった炭鉱離職者緊急対策事業(緊就)、68年開始の産炭地域開発就労事業(開就)、71年開始の特定地域開発就労事業(特開)があり、国の補助で単純土木作業などの働く場を提供してきた。暫定的な雇用対策のため、06年度までにすべて廃止されたが、激変緩和措置として特開の暫定事業(07〜10年度)が、田川市など福岡県の8市町で続いており、07年度は21億円が計上された。

(2008-01-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧産炭地の就労事業の関連キーワード池島炭鉱合理化カルテル三井鉱山化政マッスCCC政策学三菱大夕張炭鉱と鉄道雄別炭砿文化政策部会

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone