コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧産炭地の就労事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧産炭地の就労事業

炭鉱合理化政策の中で、1959年に始まった炭鉱離職者緊急対策事業(緊就)、68年開始の産炭地域開発就労事業(開就)、71年開始の特定地域開発就労事業(特開)があり、国の補助で単純土木作業などの働く場を提供してきた。暫定的な雇用対策のため、06年度までにすべて廃止されたが、激変緩和措置として特開の暫定事業(07〜10年度)が、田川市など福岡県の8市町で続いており、07年度は21億円が計上された。

(2008-01-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

旧産炭地の就労事業の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android