旧真田山陸軍墓地

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧真田山陸軍墓地

広さ約1万5千平方メートルで、現存する約80の旧陸軍墓地では最大規模。1871(明治4)年に旧兵部省(陸・海軍省前身)が日本初の戦没者埋葬地として開設し、陸軍第4師団の管轄下に置かれた。戦後は国から大阪市へ貸与され、遺族らでつくる真田山陸軍墓地維持会が管理する。

(2013-06-11 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧真田山陸軍墓地の関連情報