コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧脇野沢村不法投棄問題

1件 の用語解説(旧脇野沢村不法投棄問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧脇野沢村不法投棄問題

2008年3月にむつ市への匿名の投書から発覚した。旧脇野沢村赤坂の採石場跡地(約1万2千平方メートル)に自前の処理場の焼却炉が壊れた旧村が1992年から一般廃棄物の投棄、焼却、埋め立てを04年まで繰り返した。市の調査で不法投棄総量は家庭ゴミ、廃材、コンクリなどの廃棄物と土砂、ホタテ貝殻で約8万3500立方メートル。重量では1万2千トン。市は今年度から3カ年で総額2億7千万円の事業費で撤去作業を進める。

(2013-10-23 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧脇野沢村不法投棄問題の関連キーワードむつ市アノニム飛書青森県むつ市奥内青森県むつ市金谷青森県むつ市桜木町青森県むつ市新町青森県むつ市関根青森県むつ市田名部青森県むつ市中央

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone