コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧花園頭首工

1件 の用語解説(旧花園頭首工の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旧花園頭首工

農業用取水堰(せき)として1964年に設置された。87年に上流部に新しい北空知頭首工(左岸に魚道あり)ができ、農業用水取水堰としての役割を終えたが、「撤去すると川床が低下し、上流の橋や護岸の安全性に影響を及ぼし、直ちに撤去することはできない」との理由で、そのまま残った。国の「魚がのぼりやすい川づくり推進モデル事業」で、モデル河川になり、2000年に当時の石狩川開発建設部(現札幌開建)が、高さが7.3メートルあったコンクリートの上部約3メートルを撤去。右岸に幅4メートルの階段状の魚道を設けた。

(2011-08-08 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧花園頭首工の関連キーワード干害取水堰取水取水口取水塔農業用フィルム農業用施設用地農業用使用済プラスチック農用地区域玉淀ダム

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone